【TIL】アメリカ政府はビールの近くで原子爆弾を爆発させた後もそのビールが飲めるかどうか実験していたらしい

■外部サイト最新更新記事一覧

世界が汚染された後のことを考えて・・・なのかな?

TIL = Today I Learned(今日学んだこと)

もし世界が核の炎に包まれて周りの物が破壊されてしまった時に自分が生き延びたとしたら、生き残るためにきっと飲み物が必要になる。そんな状況を予測した実験を昔アメリカ政府が行っていたという事が話題に。
放射能に汚染されたビールは果たして飲めるのか?人体に害は無いのか?味はどうなるのか?想像できる自体になった時に備えてしっかり備えておくのは大切なことでしょう。

1957年に行われたアメリカ政府の調査のおかげで「核爆発が飲料に及ぼす影響」がどれほどのものかを知ることが出来ます。この研究は実際の爆発からある一定の距離に缶やビンなどを置いた後、爆発地点からいくつかの距離でどのような影響を及ぼしたかを実験したもの

爆発には衝撃波が伴うため、いくら距離が離れているとは言えいくつかは粉砕されたり崩れた影響で潰れたりしたが、驚くべきことに結構な数がそのまま残っていたため多くのデータが取れたようだ。

肝心な放射能の影響だが、最も近く配置したボトルが放射能の影響を受けていること分かったものの、その線量は軽度だったという。さらにソーダやビールなどに至っては「緊急用の飲料」としての許容限度内にある、という結果に終わったというのだ。

味についてはどうだろう?爆弾の影響を受けた飲み物はその味を保っていられるのだろうか?報告書によると爆心地から近い飲み物には若干の風味が認められたものの「即席診断による味覚検査はソフトドリンクやビールは両方共に商業的品質を保っている」という結果が出た。
その後の詳細な調査によると、やはり飲み物は「許容可能」を保っているということだった。つまりまとめると・・・「原子爆弾の爆発の近くにいて飲料水が不足していたとしても、ビールやソフトドリンクは風味を損なうものの飲用水として認められる」ということだ。

~海外の反応~

つまりビールは放射性物質に変化しなかったってことか?

↑ボトルには何らかの影響があったかもしれないけど、ビンの中には影響なかったってことだとおもわれ

ふーむ、黙示録は昔に比べるとそこまで怖いものでは無くなってきた感がある

ビール最強説キタコレ

おおー、オレの叔父がこのプロジェクトに関わってたからなんだか嬉しいぞ

放射線技師の父親は汚染エリアで作業した後はビールを飲めって言ってたな。利尿作用があるからとかなんとか言ってたけど飲みたいだけの言い訳に聞こえた

npr.org / reddit

あらゆる自体を想定した実験・・・さすがアメリカさんやで。とはいえそんな事態にはなってほしくないねえ・・・
やらない夫 飲み物 すする

よくわからないけどつまり缶ジュースと瓶ビール最強ってこと?
やる夫 はなほじ やらない夫 影
・・・もうそれでいいや・・・

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す