どの季節にも咲く桜を理研が開発

■外部サイト最新更新記事一覧

春の季節だけのものじゃなくなる!?

春に咲く桜の花

理化学研究所仁科加速器研究センター生物照射チームがどの季節にも咲く桜を開発しました。

四季咲きの桜は仁科乙女(にしなおとめ)と呼ばれ、「山形13系敬翁(けいおう)桜」に炭素イオンビームを照射させて突然変異させたものです。

普通の桜の木とは違い、仁科乙女は春に成長するための冬の期間を必要としません。仁科乙女は室内では四季に咲くことができ、屋外環境では春と秋に咲くことが出来ます。

低気温にさらすことにより、通常の桜の木よりも3倍花を咲かせることができ、4月には満開の期間は敬翁桜の2週間に対してが2倍の4週間に増えます。

日本特有のイオンビームによる植物の品種改良は強力な非遺伝子組み換えの技術として世界中の注目を集めており、数年で改良することができます。仁科乙女は加速器を用いた、どの環境にも対応できる植物種の開発の新たな扉をあけることになるでしょう。

~海外の反応~

人も増えすぎたし、誰か品種改良されて違う種になってくれ

これが怪獣の作り方か。

もう福島でやったことだろ。

俺もゲームやるときに必要だから3本めの腕が生えるようにしてくれ。

第三次世界大戦は怪獣がいっぱい出てくるんだろうな

桜大好きだからこれはいいね。

riken / reddit

イオンビーム・・・加速器・・・突然変異・・・日本・・・
やる夫 汗 考える

やらない夫!ゴジラの誕生も近いお!僕怪獣大好きなんだお!!
やる夫 おかしくなる よだれ やらない夫 汗 心配
日本中が破壊されちまうよ・・・

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す