【海外の反応】ナイト・オブ・ザ・リビングデッドの監督、ジョージ・A・ロメロ氏が死去

■外部サイト最新更新記事一覧

RIP

ナイトオブリビングデッドのイメージ画像

ナイト・オブ・ザ・リビングデッドの監督、ジョージ・A・ロメロ氏が亡くなりました。77歳でした。

ロサンゼルス・タイムズによると、ロメロ氏の仕事仲間のピーター・グルンワルド氏が「短いが過酷な肺がんとの闘病」の末、亡くなったと伝えた、とのことです。

予算が少ない中制作されたナイト・オブ・ザ・リビングデッドはホラーと社会風刺を交えたゾンビ映画で、1968年にリリースされてホラー映画の古典となりました。

ロメロ氏はニューヨーク市のブロンクスに1940年2月4日にキューバ人の父親とリトアニア系アメリカ人の母親の間に生まれ、彼は人生の殆どをゾンビ映画に費やし、このジャンルの権威者となりました。

~海外の反応~

彼はホラー映画の大傑作を3つも生み出した。ありがとう、ロメロ。

予算が少なければ少ないほどよかったな。

彼は伝説の監督だったよ。

子供の頃めっちゃ怖かったのを思い出す。

彼には何度も漏らされそうになった!

the guardian

ゾンビ映画の偉大な巨匠が・・・残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す