【インド】カースト制度の最低層出身者が大統領候補に

■外部サイト最新更新記事一覧

下剋上

カースト制度最下層出身者コビンドさん

インド最低のカースト層、ダリット(不可触民)出身のラム・ナス・コビンド氏が大統領最有力候補に選出されました。

カースト制度が健在だった頃、ダリットは不純な人々と見なされており、インド社会の外側へ追いやられおり、何千年もの間、阻害と貧困に苦しまれてきました。今は法的に保護されていますが、今でも差別が横行しており、社会進出が困難になっています。

選挙の結果は木曜日までわかりませんが、コビンド氏は様々な党で指示を受けており、当選はほぼ確実となっています。
コビンド氏が大統領に選ばれれば1997年から5年間大統領を務めたK・R・ナラヤン氏に次ぐ二人目のダリット出身の大統領が誕生することとなります。

~海外の反応~

悪しき風習を捨てて前に進むのはいいことだ

でもインドの大統領って政治権あんまりないよね。

↑軍隊を動かす権力はあるよ。

昔の風習を気にせずにやるべきことをやるインドに感心した。

カースト制度は抹消されるべきだ。

で、いつ出生証明の捜査が始まるんだ?

the guardian / reddit

ううう・・・
ゴゴゴ 地面 2段階

おらああああああ!!下剋上じゃーい!!!!
やる夫 飛び出す 地中から

うるせ
やる夫 吹っ飛ぶ やらない夫

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す