米ニューハンプシャー州でマリファナが解禁

■外部サイト最新更新記事一覧

どんどん合法化が進みますね

和名はアサ。英名はカンナビスとも呼ばれるマリファナの原料となる植物の写真
PHOTO GRACIE MALLEY copyright CANNABIS NOW

アメリカのニューハンプシャー州でマリファナを解禁する法案が可決されました。

この法案はあと60日ほどで実際に有効になり、ニューハンプシャー州はアメリカでマリファナを解禁する22つ目の州となり、ニューイングランド地方で最後にマリファナの単純所持を認めた州でもあります。

この法案が認められた理由として、単純所持で警察の労力や時間を使うよりもさらに凶悪な犯罪にかけたいという議員たちの考えがあったからでした。

マリファナの所持量は3/4オンス(21.26グラムほど)まで認められ、それを超過したとしても今まで最大1年間の懲役および最大2000USドルの罰金が課せられていましたが、この法案により1、2回目は100USドル、1回目以降の3年以内の3回目でも300USドルのみの罰金となります。4回超過したとしてもクラスBの軽犯罪者として登録されますが、逮捕や懲役などは課されません。

~海外の反応~

ちくしょう、合法化される前に引っ越しちゃったよ。

ニューハンプシャーって州だったんだな

これってすでに捕まった人はどうなるの?

次のステップは全面合法化だな。

次はドラッグテストをする企業を違法化しろ

罰金より税金の方が高いんじゃね?

cannabisnow.com / reddit

この手の話題は定期的に上がって議論が繰り広げられますがどう思いますかやる夫さん?
やる夫 やらない夫 対面 話
うむ。大麻よりも症状が重いとされているアルコールやタバコが一般的に出回っている事を考えるとやはり合法化されるのは自然な流れなんじゃないかなと思うお

しかし脳への影響や少なからず依存性があると考えるならやはり危険なものなのは間違いない。ちなみに日本では違法だからな!一応言っとくけど!
やらない夫 両手 止める

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す