ハインツの幼児食、砂糖が多すぎて菓子類に分類

■外部サイト最新更新記事一覧

子供に食べさせるものは配慮してほしいね

ハインツ(Heinz)のトマトケチャップの写真

トマトケチャップで有名な食品メーカーHeinz(ハインツ)から発売されている、ほぼ果物と野菜から成分が構成されている幼児食「Shredz」が、専門家によって糖分が多すぎるので菓子類に分類されるべきでは、と指摘されています。

「Shredz」のパッケージには「99%果物&野菜」と書かれていますが、100グラムあたり68.7グラムの糖分が含まれているそうです。

オーストラリアの消費者庁は子どもの肥満率増加を危惧し、昨年の6月に法的処置を行いました。これに対しHeinzは「Sherdzは1~3歳の幼児に対して最適な料が小分けされている。」とこの指摘を否定しています。

消費者庁はHeinzに罰金、表記と価格の改定を求めています。

~海外の反応~

Heinzによるとにんじんケーキはお菓子じゃないらしい

100グラムあたり68.7グラムって多すぎないか!?

ヌテラがみんな健康に良いと思ってた時期を思い出したよ

68.7グラムってコーラ1缶の砂糖の量の2倍あるぞ!?正気か!?

野菜がジャンクフードより高いこの世の中じゃあな

砂糖って中毒性高いんだぜ

abc.net.au / reddit

なぁんだ、コーラの方がよっぽど体にやさしいんじゃん。コーラ飲みまくるしかねえな~
やる夫 飲み物 煽り顔

ちげえよ
やらない夫 ハリセン やる夫 ダメージ

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す