アメリカの司法省が現在の法律はゲイの人権を保護出来ていないと主張

■外部サイト最新更新記事一覧

そこまで法律化するの!?

アメリカの司法省が連邦裁判所にて1964年に発行された民権法案がゲイの労働者を差別から守れていないと主張しました。

1964年に発行された性別差別禁止に関する法案は性的嗜好をカバー出来ておらず、法律上ではゲイの人権はいまだに差別を受ける対象になってしまう可能性があるとのことです。

オバマ政権時、この法案でのトランスジェンダーの取扱についての議論は行われましたが、性的嗜好であるゲイについて議論は行われていませんでした。

先日トランプ大統領がトランスジェンダーの軍への起用停止の意向をSNS上で発言したため、この問題の解決が急がれます。

~海外の反応~

ノンケのやつらはゲイが理由で採用されない気持ちがわからないだろうな。

まじかよ、俺ら法律で守られてなかったんだな

頼むからトランプをどうにかしてくれ

ここに居たら人権無いみたいだし移住するか

めっちゃショックだ

BuzzFeed

すべての人を平等に、っていうのは良いことだけど色々整備するのに時間とコストが掛かりすぎる気がするお
やる夫 汗 対面 カウンター やらない夫 真顔
ルールを設定した以上はそれに則ったやりかたが必要なのさ・・・

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す