リオ五輪の主催者が明らかにしたあの緑色プールのワケ

■外部サイト最新更新記事一覧

リオオリンピックのプールの色が、たった1日にして緑色に変化した事件を覚えているだろうか?関係者が明かした衝撃の理由が明らかになった。


リオオリンピックのプールの水が緑色に!?

オリンピックの大会中にプールの色が突然緑色になってしまった理由がようやく判明した。プール担当の業者のミスで、過酸化水素を160リットルも投入してしまったからだという。

通常、プールは塩素系の消毒剤によって消毒を行うのですが、すでに塩素が混じった水の中に過酸化水素を加えてしまうと塩素の効力が弱まってしまいます。
これにより、有機物の活動が活発になり、緑色の主な原因である「藻」の発生を誘発してしまったそうです。

この水が健康被害を及ぼすことはないらしいが、緑色の変化に加えておならの様な悪臭を放ち、そのプールを使用したら目が痛くなったと訴えている大会出場者もいるそうだ。

大会側はこの事態を重く受け止め、プールの水を近くのプールから100万ガロンほど移して入れ替えたそうな。

しかし何故このような事になってしまったのか?もしかしたら以下の様なやり取りが行われていたかもしれません。

 

業者A「ヘイ!プールの状態は良さそうだな。でも塩素を入れるのを忘れるなよ!」
やらない夫 笑顔 腕組

業者B「もちろんですお!すぐにやりますお!」
やる夫 笑顔 パー

業者A「そうそう、あとも追加しておけよな!」(Oh, and make sure you put in some H2O, too.)
やらない夫 両手 パー

業者B「H2O2?(過酸化水素の化学記号)わかったお!化学の単位とっておいてよかったお~www」
やる夫 ガッツ 照れ

 

~そしてプールは緑色に~

 

やらない夫 釘バット やる夫 めり込む

9gag

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す