ドイツ製の無排気旅客列車がベールを脱いだ!

■外部サイト最新更新記事一覧

蒸気機関車・・・とは違うんですかね?

ドイツの水蒸気しか排出しない列車

ドイツは世界で初めての水素を動力とした”無排気”旅客列車を公開した。
The Coradia iLintは空気中に水蒸気しか出さず、国内の4000ほどあるディーゼル列車に代わる列車とされている。

ニーダーザクセン州はすでにフランスのアルストム社から14編成の注文をしており、運行に問題がないと判断されれば国中で見られることになるだろう。2017年12月の一般公開に向けて2016年の年末にテストが行われる予定。

この列車は2016年8月にベルリンにて初公開され、世界で初の水素を動力とした長距離運行が可能な旅客列車となる。オランダ、デンマーク、ノルウェーも興味持っているそうだ。

列車は巨大なリチウムイオンバッテリーで駆動し、列車上部に設置された水素タンクからエネルギーを得るという。1日に87mph(約140km)の速さで500マイル(約800km)進むことができる列車で、騒音は車輪と風を切る音のみと言われている。

水素パワーは水素が酸素と一緒に燃焼された時に発生する大きなエネルギーを発生させるものですが、水しか必要としません。
実はあの宇宙局NASAは、1970年代から液体水素をロケットの燃料として使用しており、発射の際に出る大きな曇は煙ではなく水蒸気だそう。

independent

~海外の反応~

ドイツは未来の技術に投資して、UKは過去の技術に投資している

素敵。でも間違ってたらゴメンだけど、水素エネルギーを出すために石油燃料が必要で、より二酸化炭素を排出してしまうんじゃなかった?

↑そう。それが現状。でももっとクリーンな排出方法が期待されている。将来有望な研究も進んでいるよ。

心配なのは爆発による水素タンクのダメージ

↑そんなこと心配するならガソリンを使った乗り物は使わないほうが良い。ガソリンだって同じだろ?

ヨーロッパは前進しているのにイギリスは後退している・・・

 

電気自動車に続いて環境に優しい乗り物がまた増えるお!ドイツの技術力は世界一ィィィィイイ!
やる夫 右手 掲げる

エネルギーの問題って最近良く見るけど既存のエネルギーを使った仕事している人にとってはこういうニュースはあんまりポジティブには受け入れられないんじゃないか?水素エネルギーを使い始めたら原油とか需要減るのでは・・・。
やらない夫 タバコ

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す