福岡の大陥没事故修復が速すぎる!と海外で話題に

■外部サイト最新更新記事一覧

確かに凄いスピードだ・・・日本SUGEEEE!!

福岡で起きた大陥没事故の修復作業をする日本の業者の写真

「最終的には現れたときと同じような速さで穴が消えた」
区画1ブロックほどの巨大な穴が出現した福岡での大陥没事故は数日のうちに修復され、日本の技術力と効率が以下に優れているかを示す結果となった。

こちらが同じ角度から撮影された修復後の写真だ。
大陥没事故修復後の福岡市の道の写真

8日に出現した横幅およそ30メートル、深さ15メートルほどの巨大な穴を修復するために始められた作業(重機を使用して砂とセメントで埋める作業)は12日まで24時間体制で行なわれた。作業は陥没によって破損した下水管から漏れる水のせいでより困難だったという。そして埋め立て作業が完了した後、48時間で地下を通る電気、水、下水、ガス、そして電気通信回線の全ての機能を修復し、道路を元の状態に戻したそうだ。

福岡のビジネス街博多で突如現れたこの巨大な穴は地下のトンネルを広げる作業中に起きた事故によるもので周辺の道路の大部分を飲み込んでしまった。当時、市の当局は地下トンネルのルートを拡張するためにこの道路付近で作業にあたっていたという。

福岡大陥没事故の発生当時の写真
発生当時近くに居合わせたウィル・バーカー氏は事故発生時の写真を撮影し、緊急車両が通行止めを行っていたとCNNに語ってくれた。上の写真は氏によるもの。

福岡市の危機管理責任者、オダモトヒサ(漢字不明)氏は、地下建設工事が崩壊を引き起こした可能性があるとCNNに語った。大きなトンネルに合流させる為に掘り進めていた2つの小さいトンネルから生じたスキマ穴は、市の主要交通拠点でもあるJR博多駅から約300メートルほどの場所に現れました。

福岡市長の高島宗一郎氏は事故現場の地盤は砂とセメントによる補強で従来の約30倍ほどに補強されたと語った。以前は大部分が砂で構成されており、地元の土木工学の専門家によると土壌の組成は巨大な陥没事故の原因の一部と考えられる、とのこと。

CNN / reddit

~海外の反応~

通勤途中の道に空いてる穴は未だに埋まらない

確か全部で1週間ほどかかったはず。だとしてもすごすぎる

感動的だって?日本人が4時間以内に地上列車から地下鉄に切り替えてスケジュールを予定通りこなしたことについてはどうだ?こっちもすごくないか?

一方、トロントでは。
(リンク先意訳:2016年5月末から2018年末まで道路工事します)

たいしたことねえな。ボストンだったら5年で直せるし、なんか変な組合が絡んできたら10年でイケルぜ?

↑で、完成初日から水漏れが起きると。それを直すのにまた数億かかる、と。

↑これを雇用保障と雇用需要の創出と呼びます。

 

ンンン日本の技術力は世界イチィィィィィィィイイイイイ!!!!
シュトロハイム風やらない夫

夜通し作業にあたっていた皆様おつかれさまでしたお!!流石です!
腕組やる夫 キリッ

■外部サイト最新更新記事一覧

あわせて読みたい

コメントを残す